帽子や日傘を…

敏感肌な方なので化粧品や肌クリームなど肌に直接塗るものは避けていという、東京の事務職さんからお寄せいただいた紫外線対策、日焼け止め対策体験談です。

外出するときは帽子や日傘を使い、車を運転するときは日焼け止め手袋を使用、これだけでも十分な対策になり、夏場でも冬の時と同じくらいの白い肌が保てるそうです。また、食事はビタミンCを含む果物、野菜を多く摂るなど気をつけることで、白い肌を守るだけでなく、美肌効果もあるそうです。

[スポンサーリンク]

紫外線対策体験談

私は自分の肌がすぐ日焼けしやすいので日焼け対策はかかせません。もともと肌は白い方なのですが、一度日に焼けるとすぐ赤くなり茶色い肌になってしまった後はもとに戻らなくなるのでとてもコンプレックスでした。

私は肌がどちらかというと敏感肌な方なので化粧品や肌クリームなど肌に直接塗るものは避けていました。その代わり帽子や、日傘をさしたり、車を運転するときは日焼け止め手袋を使用していました。

これだけでも十分な紫外線対策、日焼け止め対策になります。夏場でも冬の時と同じくらいの白い肌がたもてました。

ビタミンCを含む果物、野菜

そして食べるものにも気を配るようにしていました。ビタミンCを含む果物、野菜を多くとるのはもちろんのこと、バランスの良い栄養ある食事でずいぶんと白い肌を守るだけでなく美肌効果がありました。

肌対策というとどうしてもUVクリームや美容液に目が行きがちですが、体を作るのは食事ですのでちゃんとした食事をとった上でビタミン剤を飲むのも効果的かもしれません。

しかし、最近の野菜は昔の野菜と比べてビタミンが欠乏しているものも多くあると聞きます。ビタミンサプリメントを持ち歩き昼食後にとったりもしています。昼食も外食ではなく野菜多めのお弁当にしています。

36歳 女性 事務職 東京都

[スポンサーリンク]